1. ホーム
  2. お知らせ
  3. 2018年
  4. ニュースリリース:(株)ブレインテック、(一財)機械振興協会 BICライブラリとOpen Book Cameraを使った灰色文献の一括遡及データ入力の実証実験を開始

お知らせ


ニュースリリース:(株)ブレインテック、(一財)機械振興協会 BICライブラリとOpen Book Cameraを使った灰色文献の一括遡及データ入力の実証実験を開始

2018.10.30

ニュースリリース 

2018年10月30日
株式会社ブレインテック
代表取締役 榎本 崇

 

(株)ブレインテック、(一財)機械振興協会 BICライブラリと
Open Book Cameraを使った灰色文献の一括遡及データ入力の実証実験を開始

 

(株)ブレインテックは、(一財)機械振興協会 BICライブラリとともに、BICライブラリの所蔵する未データ化灰色文献(非商業出版物等)について、(株)カーリルの提供するOpen Book Cameraで一括で遡及データ入力(図書館システム用の目録データ作成)を行う実証実験を開始した。

実験は、BICライブラリが所蔵する未データ化資料約2000冊を対象として、一般流通図書を主とし多様な形態、年代の資料を含む寄贈コレクション1000冊と、典型的な灰色文献である団体報告書1000冊を対象として実施。

 

実施の経緯

(株)ブレインテック製の図書館システムを導入して蔵書データを公開(組織内公開を含む)している企業・専門図書館でも、寄贈等で受け入れた古い灰色文献がデータ化されないまま眠っている例が多くある。これらは、MARCと呼ばれる既成の書誌データを流用した安価なデータ化が困難なことや利用頻度の低さから、蔵書データ作成のコストをかけることが難しく、図書館システム導入後も蔵書データとして公開されることなく、来館者のみに閲覧させていることが多い。

 

実施の概要

実験は、対象資料2000冊について以下の一括処理を中心としたプロセスで行い、
低予算での一括遡及データ入力の有効性について検証を行っている。

 

1.対象資料裏表紙へのバーコードラベル貼付
2.Open Book Cameraで表紙等画像のスキャン(表紙、背表紙、裏表紙同時撮影)
3.OCR処理
4.表紙画像データの加工
5.図書館システム(情報館)に取り込める書誌データ形式への加工と取込

 
検証結果について

実験の結果は、今後(株)ブレインテックのWebサイトおよびBICライブラリの蔵書検索システム(OPAC)上で公開されていく予定である。また、本日10月30日よりパシフィコ横浜(横浜市西区みなとみらい)にて開催される第20回図書館総合展の(株)ブレインテックブースにてその概要を紹介する。

 

  

 

BICライブラリ地下書庫での
Open Book Cameraを用いた撮影の様子

 

 

 

 

Open Book Cameraで撮影した表紙、背表紙の写真と
OCRにより抽出し書誌データ(イメージ)

 

 

図書館システムに取り込んだ加工済みデータと書影(例)

 

 

 

株式会社ブレインテックについて

・社名:株式会社ブレインテック (https://braintech.co.jp/)
・設立:1983年4月21日
・代表者:代表取締役 榎本崇
・資本金:1500万円
・従業員数:43名(2018年10月現在)
・所在地(本社):東京都品川区東五反田1-7-6 藤和東五反田ビル3F
・事業内容:図書館向け業務システムおよびクラウド型図書館OPAC、OPAC横断検索サービス等の開発、販売、サポート

 

本リリースについてのお問い合わせ先

・株式会社ブレインテック 広報グループ(担当:関、水田)
・TEL:03-3449-7261
・FAX:03-3449-7381
・Email:publicity@braintech.co.jp