1. ホーム
  2. イベント・セミナー

イベント・セミナー


これから開催するイベント・セミナー

ユーザー事例研究会

[このイベントはブレインテック製品を使用されているユーザー様が対象です。]

多くの中小規模図書館でご利用いただいている「情報館」は、2019年で発表から30年を迎えます。また、ユーザー様どうし、ユーザー様と弊社スタッフの情報交換や交流のため年1回開催するユーザー研究会のスタートはさらに数年さかのぼり、今年で33回目の開催となりました。
しかし近年、図書館の人員削減や予算削減の煽りを受け、出席がかなわないというお声を、特に、首都圏以外のユーザー様から多くいただくようになりました。
そこで、従来のユーザー研究会とは別に、どの地域のユーザー様も参加する機会があり、より実践的な事例に触れることができる場として、「ユーザー事例研究会」を始めることにいたしました。
全国各地の、実際に情報館を使っている図書館を訪ねて見学し、さらに参加者同士での意見交換などを行うというスタイルで、座学での事例発表を聞く以上に実践的な刺激を受けられる催しにしたいと思っております。

初回は横浜での開催となりますが、2回目以降、全国各地で開催していきたいと思いますので、ぜひ、「情報をもらう」だけでなく「情報を交換する」という意気込みでご参加ください。また、「うちの図書館で開催を」というお申し出も大歓迎です。
※開催は当面不定期となります。News Letter、Webサイト、情報館お知らせ等で毎回開催案内をいたします。
※参加定員は開催場所となる図書館で受け入れ可能な人数となるため、毎回、比較的少人数での開催となることが予想され、ご希望の回にご参加いただけないこともあるかと存じますが、受け入れる側、参加する側双方の負担をできるだけ少なくして、長く、回数を多く続けていけるイベントにしたいと思っておりますので、その点はご理解、ご了承くださいますようお願いいたします。

第1回 公益財団法人大倉精神文化研究所 附属図書館
テーマ:変化し続ける、歴史ある図書館

最近の取り組みから、未整理資料のOPAC公開、自分たちで続けられる資料保存・修復などについて

開催日時・場所

日時:2019年1月24日(木) 13:30 ~ 16:30 (13:20集合)
会場:公益財団法人大倉精神文化研究所 附属図書館
  (神奈川県横浜市港北区大倉山2-10-1 /東急東横線 大倉山駅徒歩7分)

対象

「情報館」を使用されているユーザー様

定員

10名(予定) ※定員になり次第受付終了となります。

費用

無償

内容
  • 1.解説と見学
    研究所スタッフの解説による建物見学に続き附属図書館スタッフの解説による附属図書館見学を行います。
  • 2.意見交換
    見学内容についての質疑に加え、テーマに関連した参加者の皆さんの図書館での取り組みについてもご紹介いただけると幸いです。
  • 公益財団法人大倉精神文化研究所附属図書館ご紹介

    横浜市港北区にある公益財団法人大倉精神文化研究所は、1932年、実業家の大倉邦彦氏によって設立されました。目的は東洋、西洋の文化の良さを学び、人材育成に活用すること。附属図書館は同時にオープンした精神文化の専門図書館です。開館から80年余り、今も一般公開され、多くの人に東西の精神文化の貴重な知識を提供しています。情報館の導入からおよそ5年。貴重資料コレクションや雑誌データなど、徐々にOPAC公開を進め、現在は沿革史資料の公開に取り組まれています。


     Web サイト  https://www.okuraken.or.jp/
     図書館 https://www.okuraken.or.jp/tosyokan/

お申し込み方法

以下のフォームよりお申し込みください。

  • ※お申し込みには、サポートコーナー共通のユーザー名とパスワードが必要です。
お問い合わせ

(株)ブレインテック 広報グループ
TEL: 03-3449-7261 FAX: 03-3449-7381
お問い合わせフォームへ

セミナーの開催情報は、こちらをご覧ください。

Adobe Reader  PDF形式のファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。