1. ホーム
  2. ブレインテック通信
  3. 突撃!隣の情報館:遠隔サービス編

ブレインテック通信


事例紹介

突撃!隣の情報館:遠隔サービス編

2021.02.24

「突撃!隣の情報館」では、ユーザーの皆様が実際に行われているシステム運用上の工夫をご紹介します。
※本記事の詳細はユーザー様限定公開となります。[初出:NewsLetter2021 Winter (Vol.30. No.1 通巻158]

遠隔サービスとは?

image1.jpg

感染症拡大の影響などで、利用者の来館が制限される状況が続く中、従来の来館できる利用者向けのサービスだけではなく、来館できない利用者に対するサービスにも力を入れる図書館が増えてきました。今回は、遠隔(非来館型)サービスの事例をご紹介いたします。

●資料提供
 例1:OPACから予約受付:公立施設内にあるA専門図書館 様の場合)

●レファレンス
 例2:チャットをOPACページに埋め込み、資料に関する照会に回答(B企業図書館 様の場合)

●ナビゲーションの工夫
 例3:OPACから契約した電子媒体の資料にリンクする(C看護大学図書館 様の場合)
 例4:電子図書館システムで利用できる資料をOPACでも案内(D中学校・高等学校図書館 様の場合)
 例5:利用案内などのPDFをOPACに掲載(E中学高等学校図書館 様の場合)

記事の本文はこちらからご覧いただけます ↓
突撃!隣の情報館:遠隔サービス編 key

※記事中のkeyマークのリンク先はユーザー様限定コンテンツです。アクセスに必要なパスワード等は定期的に書面等でお送りしておりますが、ご不明の場合はお問い合わせください。(情報館のver.8以降をご利用の場合、「情報館お知らせ」画面にもユーザー名とパスワードが掲載されています)