1. ホーム
  2. 製品情報
  3. 動作環境

製品情報


情報館

情報館

全国の中・小規模図書館に最適な
多言語(Unicode) 対応の図書館パッケージシステムです。

動作環境

  • ・ご利用のシステム構成によって必要になるハードウェアは異なります。お客様のご利用環境に応じてお選びください。
  • ・ネットワーク環境でご利用いただく場合、ネットワーク機器(スイッチングHUB、LANケーブル等)が必要となります。
  • ・「情報館」の機能のうち、ご利用に際してインターネット接続が必要となるものがあります。
  • ・ハードウェアの不具合は当社サポートサービス対象外です。別途メーカー提供のハードウェア保守に加入されることをお勧めいたします。
  • ・OSは日本語版のみ対応しています。

サーバー機(データベース用サーバー、OPAC公開用Webサーバー)

CPU Xeon相当
OS Windows Server 2008(R2)
Windows Server 2012(R2)
Windows Server 2016 Standard
メモリ 8GB以上
ハードディスク RAID1構成[推奨]、SASタイプ[推奨](※1)
その他 マウス・キーボード・DVD-ROMドライブ
使用する製品・バージョンに応じたデータベースソフト
UPSおよびUPS制御ソフト
ウィルス対策ソフト
接続する周辺機器に対応した拡張ポートを備えていること

(参考)仮想サーバーご利用時の要件

CPU 2CPU以上[推奨]
OS Windows Server 2008(SP2)、Windows Server 2008(R2)、Windows Server 2012(R2)、Windows Server 2016 (各Standard Edition)
メモリ 8GB以上[推奨]
ハードディスク システムエリアとして100GB以上、データ格納エリアとして60GB以上 (※1)
その他 使用する製品・バージョンに応じたデータベースソフト

※1 「情報館」の運用上必要なハードディスクの容量は、登録するデータの内容と件数により異なります。

<仮想環境での運用に関する注意事項>
1.CPU負荷、および他の仮想マシンへの影響を考慮して、「情報館」専用で2コア以上のCPU利用、8GB以上のメモリの確保が望まれます。なお、動作環境により処理速度が通常と異なる場合があります。

2.データベースPSQL v12/v11がサポートする環境は以下となります。なお、データベースのバージョンによりサポートする環境が異なることがありますのでご注意ください。

  • ・VMWare ESX
  • ・Microsoft Hyper-V
  • ・Citrix XenServer 5.6

 

<参考URL>
データベース/PSQLv12製品仕様 エージ―テック社
データベース/PSQLv11製品仕様 エージ―テック社

3.仮想マシンへの導入の際、ハード・OS関連の導入・メンテナンスは当社では実施できません。導入後の当社サポート範囲は「情報館」全体およびオプション製品に限らせていただきます。万が一障害が発生した場合は、お客様(または構築業者様)にてVMware、OS関連の切り分けをお願いいたします。また仮想マシン再構築が必要となる場合も同様です。

4.年に1回の定期訪問時、プログラムバージョンアップ等のため、サーバーを停止・再起動いたします。図書館システム単独で稼働できる環境をご用意ください。

スタンドアロン用/クライアント用ハードウェア

CPU Core i3 以上
OS Windows Vista Business (※1)
Windows 7 Professional(※1)
Windows 8 Pro (※1)
Windows 8.1 Pro (※1)
Windows 10 Pro (※1)
メモリ 4GB以上(64bitOSの場合には8GB推奨)
ハードディスク 160GB以上[推奨](※2)
その他 マウス・キーボード・DVD-ROMドライブ
モニタ(17インチ以上推奨)
スピーカー(ポップアップメッセージの音設定を行う場合)
Officeソフト(必要に応じて)
ウィルス対策ソフト
接続する周辺機器に対応した拡張ポートを備えていること (※3)

※1 その他のエディションを使用される場合は、別途ご相談ください。Service Packの対応状況についてはお問い合わせください。

※2 スタンドアロンの場合、「情報館」の運用上必要なハードディスクの容量は、登録するデータの内容と件数により異なります。

※3 「情報館」で使用する周辺機器は使用環境により異なります(周辺機器の例:バーコードリーダー、ICカードリーダー、ハンディターミナル(蔵書点検用)、USBメモリ等)。

バックアップ機器

システムバックアップ 外付けハードディスク(サーバーOS対応機種、RAID1構成推奨)を使用し、バックアップソフトまたはWindowsServer標準のバックアップ機能を利用してイメージ自動取得設定することを推奨(要世代管理)
「情報館」
データバックアップ
外部メディア(USBメモリ、外付けハードディスク等)を使用

周辺機器(任意)

接続されるパソコンのOSで動作保証のある機種をお選びください。

バーコードリーダー ご使用のバーコードラベルが読取可能なもの
プリンタ ラベル印刷をされる場合には手差しトレイのあるもの
レシートプリンタ USB接続/80mm幅、推奨機種:エプソン製 TM-T88シリーズ
蔵書点検用ハンディターミナル 当社にて「情報館」専用プログラム搭載機種をご用意しております

Web検索システム(オプション)の利用環境(ブラウザ)

IE9、IE11、Edge

※ その他のブラウザでの動作についてはお問い合わせください。