1. ホーム
  2. サポート
  3. 製品の動作に関する情報

サポート


弊社製品の動作に関する情報

マイクロソフト社のOSセキュリティ更新プログラムに起因する弊社製品の不具合等が確認された場合は、こちらに掲載いたします。

  • 現在、弊社製品の動作に関する不具合は確認されておりません。

関連製品の動作に関する情報

2019年1月にリリースされた「マンスリーロールアップ」適用後に、ファイル共有ができなくなることがある
  • 対象となるOS: Windows 7 Service Pack 1、Windows Server 2008 R2 Service Pack 1
  • 現象:KB4480970を適用したデータベースサーバーにクライアントから接続ができなくなったことにより、情報館を起動時に「170:データベースログインが必要です」エラーが表示されることがある。
    このエラーが、本件の影響で発生しているかどうかは、以下の両方に該当するかどうかで確認が可能です。
    • クライアントパソコンに、(ドメインアカウントではなく)ローカルユーザーアカウントでログオンしている。また、このアカウントはクライアントパソコンのadministratorsグループに参加している。
    • クライアントパソコンからデータベースサーバーの共有フォルダーを表示しようとすると「ハンドルが無効です(\\<サーバー名>\<共有フォルダー名>にアクセスできません。...)」と表示される。
  • 対応方法:KB4487345(2019年1月11日公開)を適用することで現象が改善します。
    ※参考URL
    https://support.microsoft.com/ja-jp/help/4480970/windows-7-update-kb4480970
2018年7月にリリースされた「マンスリーロールアップ」「セキュリティのみの更新プログラム」適用後に、IISが正常に終了しない
2018年5月にリリースされた更新プログラム「マンスリーロールアップ」「セキュリティのみの更新プログラム」を適用すると、リモートデスクトップやRemoteAPPで接続できないことがある
2018年3月以降の「セキュリティロールアップ」を適用したWindows 7で、再起動を繰り返したり、セーフモードで起動したりする
Windows 10上でRemoteAPPを使用する場合に、ポップアップメッセージが背後に隠れたり、右クリックのコンテキストメニューが表示されなかったりする
  • 対象となるOS:Windows 10
  • 現象:RemoteAPPで情報館を使用する際、ポップアップメッセージが背後に隠れたり、右クリックしたときに表示されるコンテキストメニューが表示されなかったりする。
  • 対応方法:KB4284848(2018年5月公開)を適用することで現象が改善します。