1. ホーム
  2. 会社案内
  3. 会社沿革

会社案内


会社沿革

昭和58年 (1983) 4月 株式会社ブレインテック設立(渋谷区恵比寿)
電子計算機ソフトウェア受託およびシステムコンサルティング開始
5月 日本電気社製パソコンのシステム設計およびソフトウェア開発受託
9月 ミニコン、大型コンピュータ等のソフトウェア開発受託
11月 富士通社製パソコンのシステム設計およびソフトウェア開発受託
以降、数年に渡り事務処理を中心に、技術計算、通信制御等、多数のシステムを開発
昭和59年 (1984) 7月 図書館用パッケージソフト「図書」を開発、発売
昭和60年 (1985) 10月 同上「辞書付NEW図書」を発売
昭和61年 (1986) 9月 第1回ユーザー研修会を開催
昭和62年 (1987) 2月 図書館用パッケージソフト「New図書II」を開発、発売
昭和63年 (1988) 4月 払込資本金を1,200万円に増資
6月 事業拡張のため、本社移転(渋谷区恵比寿)
平成元年 (1989) 10月 第4回ユーザー研修会で、総合情報管理パッケージソフト「情報館」を発表
平成2年 (1990) 4月 同上 「情報館」の出荷開始
カスタマサポート部門を営業部より独立させ、サポート業務を充実
平成3年 (1991) 3月 事業拡張のため、本社移転(品川区東五反田)
6月 「情報館」のNetWare対応版を開発、出荷開始
平成4年 (1992) 8月 ショールーム、会議室等を増設し本社拡張
平成7年 (1995) 7月 「情報館」検索機能システムWindows版を開発、発売
11月 関西事業所を開設(大阪市北区野崎町)
平成8年 (1996) 3月 「情報館」インターネット検索システム開発、発売
5月 学術情報センター(NACSIS-CAT)接続システム「BT-CAT」(Windows版)開発、発売
11月 事業拡張のため、本社移転(品川区東五反田)
Windows95対応「情報館95」開発、発売
平成9年 (1997) 7月 学校保健システム「保健情報館」開発、発売
平成10年 (1998) 9月 住友3M社製図書自動貸出返却装置(ABC)連動システム 及び図書自動貸出装置(PSC) 連動システム(ともにWindows版)開発、販売
平成11年 (1999) 2月 学術情報センター(新CAT)接続システム「BT-CATP」(Windows版)開発、発売
平成12年 (2000) 5月 払込資本金を 3900万円に増資
7月 図書館と本の情報サイト「Jcross」を開設
10月 払込資本金を3億2100万円に増資
平成13年 (2001) 5月 図書装備関連の子会社、株式会社アシストワークス設立 ( 株式会社ブレインテック 100%出資、杉並区荻窪)
10月 出版及び映像制作・販売の株式会社アイアールディー企画へ出資、発行済株式65%を取得
平成14年 (2002) 1月 カスタム横断検索及び、蔵書データお預かりOPAC公開サービス「Jopac」を開始
4月 総合情報管理パッケージソフト「情報館5.0」を開発、販売
平成15年 (2003) 4月 学術図書館総合情報管理システム「情報館AL」を開発、販売
6月 学校向け図書館パッケージソフト「スマート情報館」を開発、販売
平成17年 (2005) 3月 専門資料管理パッケージソフト「情報館lib.Ware type S」発売
平成18年 (2006) 4月 多言語(Unicode)対応「情報館v6」発売
8月 プライバシーマーク使用許諾
平成19年 (2007) 4月 小規模図書館向けパッケージソフト「スマート情報館plus」発売
平成20年 (2008) 3月 代表取締役に榎本崇が就任
平成20年 (2008) 9月 資本金3億2100万円を減資、第三者割当により1500万円に増資
平成22年 (2010) 10月 「Jcross」を"図書館と図書館にかかわる人たちのサイト"としてリニューアル
平成23年 (2011) 4月 「情報館v7」を発売
平成24年 (2012) 4月 「OPAC公開サービス」開始
※平成25年4月「OPACサービス」に名称変更
平成25年 (2013) 5月 「OPACサービス」のプレミアム版 サービス開始
平成26年 (2014) 4月 「情報館」バリュープラン(使用料お支払い型)を提供開始
平成27年 (2015) 4月 「情報館 ver.8」を発売